言語の勉強と言うと、私は習っている言葉をよく使っている環境が大切だと思います。

台湾では、英語教育がありますが、英語の上手な人は少ないです。

何故なら、生活中で英語を使う必要がないので、学校で習ったことがあるけれど、すぐに忘れてしまいました。

中国語と英語を比べると、中国語はもっど習い難いに決まります。

しかし、子どこでも中国語を上手に話せるでしょう。

言い換えれば、生活中に常に英語を使えれば、英語の勉強も簡単になるはずだと思います。

英語が苦手な事について、日本も台湾と同じようです。

ユーチューブでどうして日本人は英語でよく喋れないわけについて若い者を取材(しゅざい)したムービーがあります。

大抵、英語の発音は難しいし、文の作り方(英語の考え方)は日本語と違うことは原因です。

また、あるニュースでも、英語に関する調査の結果を発表しました。

その結果の中で、仕事で英語を使うことがあるかと答えた生徒は50%以上ですが、生活中に外国人と英語で話すことがある生徒は約20%だけです。

それは私の考えと同じですが、台湾では日常生活で外国人や地元の人と英語で話す事がある人はもっと少ないかもしれません。

私は台南で住んでいますが、外国人があまりいないようです。

それで、普段は英語を使わないのは当たり前でしょう。

周りの皆は中国語や台湾語で話すのに、他人に自分が英語ができることをアピールのは絶対に嫌われます。

そのため、台湾人は外国人に会うと、その外国人が中国語を習いがっても英語だけで話させられるようになるかもしれません。

私なら、英語が上手にできるために、英語教室の番組を見たり、英語系の国へ旅行に行ったりしています。

もちろん、今、日本語の勉強をしているので、よく日本へ旅行に行きます。

英語系の国を訪れた時、英語を使わなければなりませんでした。

なので、英語がそのままに進歩しました。でも、まだ本物の外国人のように英語で話すことができません。

多くの人はどの国からの外国人が英語ができる印象がありますが、実はそれは事実ではありません。

例えば、ノルウェイの母語はノルウェイ語で、多くの南アメリカの国はスペイン語で話します。

英語で全然話せない人はいますが、ノルウェイ人は大体英語で話せます。英語もスペイン語も上手に話せるチリー人もいます。

なぜなら、英語だけで話せる観光客が訪れてきて、生活中や仕事中で英語がよく使っているため。

なので、どの外国語を習っても、その外国語をよく使う環境を作るのが一番大切だと思います。

Fred 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()